So-net無料ブログ作成
-| 2017年04月 |2017年05月 ブログトップ
前の10件 | -

NO18.ネット右翼桜井派という国賊~ヘイトスピーチに利点は1つもない~ [政治]

NO18.ネット右翼桜井派という国賊~ヘイトスピーチに利点は1つもない~

 


まず、バカなネット右翼桜井派の頭では理解できないだろうから、


主にネット右翼桜井派以外の人向けに


①何故いわゆるヘイト法が出来たのか


②ネット右翼桜井派のヘイトスピーチは今後どのような面で日本社会に実害を与えていくのか


を紹介しようと思う。


そして最後に


③法務省の出したヘイトスピーチの例


を出す。


 


①何故いわゆるヘイト法が出来たのか


 


参考資料:法務省ホームページ


http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00108.html


上記、法務省ホームページの通り国賊ネット右翼桜井派の引き起こした内憂のため


日本政府は国連にてヘイトスピーチ取り締まりを求める度重なる勧告を受け


ついに取り締まるに至った。


 


そもそも全世界に向けて世界で一番最初に


人種差別撤廃を訴えた国家は大日本帝国時代の日本であり、


国賊ネット右翼桜井派の言動は日本国の、そして日本民族の精神をも否定する


恥ずかしいものであると改めて言っておく。


(言うまでもなく大日本帝国だから良い、悪い論ではなく、「功罪がある」と敢えて記載する。)


 


私の魂はどうもネット右翼桜井派とは違い、日本人としての当たり前の精神が深く刻み込まれているらしく、目の前で謂れのないヘイトを飛ばす三下自称保守を見かけたら、咎められずにはいられなくなる。


 


差別をも利用した新しい運動とやらが結局のところ大失敗し、その内憂が国連にまで持ち込まれ外憂ともなり、反ヘイト法をもたらした事実を国賊ネット右翼桜井派は自覚すべきである。


なぜ失敗したのかというと運動とは、外部に与える影響を前提にしなければならないのに、憂さ晴らしという自己満足オナニーに終始したためである。


日本は鎖国をしているわけではなく、国際社会からの心証が悪くなれば様々な悪影響が出てくるのは言うまでもなく、このような状態に陥らないようにするために政府は、思想抜きにして取り締まるのは当たり前である。日本国は特定日本人の憂さ晴らし行為を守る事を慣わしとしていない。


 また国際社会から孤立しない為の措置は、特定日本人の欲求を棄却こそすれ、その他の日本国民を守る為の措置でもある。


 


改めて言っておくが、ネット右翼桜井派は間違っても日本国が在日に支配されているといったネットデマを信じないように。


公安調査庁は、桜井誠氏及びその運営団体のみならず、共産党、極左暴力集団、オウム、総連、民団も監視しているのである。


異端的日本人であるネット右翼桜井派のみならず、異端的在日もまた公安調査庁からの監視対象なのである。


例え偏差値28未満であったとしても、自身の心の安寧のためにネットデマを盲信しなければ、こんな馬鹿げた「在日による日本支配論」は、本来はすぐにデマだと見抜けるはずである。


参考資料:リンク先


日本公安庁、在日韓国・朝鮮人を秘密に調査


[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 


http://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=18594


 


②ネット右翼桜井派のヘイトスピーチは今後どのような面で日本社会に実害を与えていくのか


 


大きな実害を日本社会に与える可能性を作り上げたという面でも


ネット右翼桜井派は国賊というほかない。


ポリティカル・コレクトネス(PC)という言葉がある。


参考資料:リンク先


【テキサス親父「トランプ大統領」誕生を分析】
行きすぎた「ポリティカル・コレクトネス」アメリカはいつから社会主義になったのか


産経ニュース


http://www.sankei.com/premium/news/161126/prm1611260005-n1.html


リンク先より引用


PCは、「人種や民族、ジェンダー、職業の違いによる差別、キリスト教以外の宗教などへの差別をなくそうという考え方は『政治的に正当である』」という意味で使われている。


 


リンク先記事を読まれれば、差別は良くないと取り締まるあまり、またここにリベラルが乗っかかる事により、米国社会がついに逆差別に至った経緯が事細かに書かれてある。


今までの日本は米国での黒人差別のような’大きな差別問題’は存在せず、


日本民族の「和の心」に反差別の精神が委ねられてきたのだが、


それを打ち壊した国賊ネット右翼桜井派が発生したために、


ついに米国のような規制法を作る必要ができてしまった。


(あらかじめ断っておくが、大きな差別問題と書いた意図は読み取って頂きたい。)


国賊ネット右翼桜井派は米国リベラルと同様な


PCという破滅的な武器を、ただで日本リベラルに与えたのである。


我々多数派たるネット右翼反桜井派、そして日本国民は


このような「米国社会を破壊した」強固な武器を


何の努力もなしで棚ぼたで得た日本リベラルと永久に対峙し続けねばならなくなった。


またこれは、我々の子孫が脈々と対峙せなばならないものでもある。


この戦いに、頭が悪くて使えないネット右翼桜井派には参加していただきたくない。


 


③法務省の出したヘイトスピーチの例


最後に、特定の人々に何故か好まれる新聞にヘイトスピーチの例があったので添付する。


IMG_0086.JPG


http://www.sankei.com/affairs/news/170205/afr1702050011-n1.html?google_editors_picks=true


法務省ガイドラインに沿って、各自治体がヘイトスピーチ対策条例を作るのは既定路線だ。


世界を股にかけた自己満足オナニーで、日本国だけではなく地方行政にも、そして作られるであろう条例が言論統制条例にならぬように精査する仕事を増やされた日本国民に対しても、子孫に至るまで脈々と迷惑をかけ続ける三下自称保守の特定日本人。


これが、ネット右翼桜井派の正体だ。


 


Special Thanks 


反桜井保守連合幹部構成員


反桜井諸民族派連合 横拳さん


Twitterアカウント@newdandyyokoken


タグ:政治
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NO17.震撼、桜井誠氏管理口座から不正出金問題が発覚 [政治]

NO17.震撼、桜井誠氏管理口座から不正出金問題が発覚


添付画像の(注1)(注2)を参照されたい


IMG_0091.JPGIMG_0092.JPGIMG_0093.JPG


 


(注1)下記使途不明金を穴埋めするために執行役で補填しました。


(注2)前の口座より1128日にゆうちょ銀行の取扱店番号00369から121600円が、128日に同じくゆうちょ銀行の取扱店番号01164から16000円が不正に引き出されておりました。計137600円が使途不明金になっております。


以前使っていた在特会の口座は前会長が管理しておりました。現執行役体制におきまして皆様からいただきました寄付金をこのような形で不正に流出させてしまうことになったのは、我々執行部の責任であります。ここに深くお詫び申し上げますとともに、二度とこのような不祥事が起こらぬよう、気をつけてまいります。


 


そう、桜井誠氏が管理していた


在特会の口座から137600円という多額の金銭が出金され


使途不明金が生まれた事が判明したのである。


 


本騒動の問題点は下記の2点であろう。


①<桜井誠氏管理口座からの引き出しによる使途不明金発生したこと>


そして何より


②<何故、在特会から脱退したはずの桜井誠氏に在特会口座管理権が残っていたのか>(注2及び下記のスクショ内容=菊地氏からお聞きした内容から、こう解釈するのが妥当なので、今後の補足発表を待たれたい)


である。


IMG_0104.JPGFotor_149321231050993.jpg


 


 


この桜井誠氏が管理していた口座から不正出金があり使途不明金が発生した問題は、在特会の、そして日本第一党の今後の存続問題に発展する可能性だけではなく、桜井誠氏の政治生命にも発展する可能性がある。


新体制在特会となり、いきなり桜井誠氏が管理していた口座からの不正出金による途不明金発覚したのであり「桜井誠氏が会長をやっていた時はどうなんだ?」という疑念が生まれるからだ


 


このような使途不明金発生問題が起こると、


例えば、過去にあった裁判対策費としての多額の支援金


(1000万円を超える大口支援もあるとの事)がどのように扱われたのか


という疑念まで生まれるのが人の世の常である。


今回の使途不明金の使途のみならず、潔白証明のため在特会は


公認会計士等の外部機関に調査を依頼し、調査結果如何により


場合により警察にも頼った方がいいのではなかろうか?


こう認識される方は多いだろう。


 


多額の金銭での使途不明金問題は、かなりまずい事態だ。


株式会社等であれば徹底的に使途不明金の調査が入り、結果逮捕者が出てもおかしくない。


 


政治は信用が大切であり、お金は最も信用問題に関わるものなので、二度とこのような不祥事を越さないようにするため


そして今後の在特会、日本第一党の政治生命のため、ちゃんとした外部機関に調査を依頼し、また事実関係を全て公開し解決した方がいいというのは言うまでもないだろう。


事実、下記添付写真のように支持が失われ始めている。


IMG_0101.JPG


また、下記添付写真のように支持者に対して、


全く説明責任を果たさないなど以ての外であろう。


IMG_0102.JPG


そして、もし仮にも今回の不正出金問題の最中、携わっている者に悪事があったとしたのなら、その者は罪を償うべきである。


 さらに言うならば不正出金をいい加減に片付ける者達が、いくら他者の行っている不正に対しての追及を声高に叫んでも、日本国民から全く信頼されないであろう。


 Special Thanks 


反桜井保守連合幹部構成員


反桜井諸民族派連合 横拳さん


Twitterアカウント@newdandyyokoken


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NO16.既に国賊扱いの「行動する保守」を糺す(NO13.の記事の続き) [政治]

NO16.既に国賊扱いの「行動する保守」を糺す(NO13.の記事http://neo-hegelianism.blog.so-net.ne.jp/2017-04-17の続き)


 


423日に行われるはずであった


あるデモの開催が、京都府警の判断で中止に追い込まれたようだ。


Fotor_149284049963232.jpgFotor_149295076346856.jpgIMG_0074.JPG


なぜ、中止に追い込まれたのかを追ったところ、


どうもこのデモ=「拉致被害者全員奪還全国一斉統一行動」は


「行動する保守」の運動スケジュールに登録されており、


さらに桜井誠氏のblog記事にも上がってくるような組織であり


そのため、行政判断にあたり、いわゆる反ヘイト法の影響を受けたと考えられる。


Fotor_149284086628295.jpgFotor_149284088054278.jpg


Fotor_149284878773728.jpg


 


また、桜井誠氏及びその運営団体は平成291月版公安調査庁「内外情報の回顧と展望」にて下記添付写真のような言われようであり


その監視レベルは、より一層上がったと言える。


Screenshot_20170420-181442.jpgScreenshot_20170420-181405.jpg


 


いわゆる反ヘイト法は、「行動する保守」を狙い撃ちにした法律である事は言うまでもなく


公安調査庁からここまでの書かれるようになった此の期に及んでも「行動する保守」運動に組織として加わるのであれば、自らの拉致被害者奪還運動も監視してくれと言っているのと同義である。


さらに公安調査庁からの監視強化と連動して、地方行政も


監視強化及び反差別啓蒙活動に動いているのである。


 


参考資料


リンク先 京都人権ナビ ヘイトスピーチと人権 


https://kyoto-jinken.net/material_book/material_book-1772


 


「行動する保守」は国の為にと言いながら革命を起こそうとしたが、天皇陛下直々に'国賊'認定を受けた二・二六事件を起こした青年将校及び、北一輝とよく似ていると私は認識している。


Fotor_149267986657515.jpg


 


「拉致被害者全員奪還全国一斉行動連動」指導陣の政治思想は分かりかねるが、本当に拉致被害者全員奪還を目指すのであれば、「行動する保守」つまりは桜井誠派を排除した方がいい。


最早、公安調査庁から'国賊'として扱われ、地方行政にまでそれが落とし込まれている「行動する保守」とともに運動などしようものなら、今後もこのような憂き目に遭い続けるであろう。


 当然にして、日本国の敵は日本国からも潰される。


 


また、下記添付写真のように、後に公安調査庁の監視対象となったシールズですら、極左、過激派排除を行なっていた。


過激右派と縁を切らないのであれば、シールズ未満だと言わざるを得ない。


FB_IMG_1492847519281.jpg


 


右派は、なぜ「行動する保守」が極左暴力集団、共産党そしてシールズと同様に’国賊’となったのかを冷静になって分析し、今後の身の振り方を考えた方がいいだろう。


いつまでも甘い認識のもとに「行動する保守」と関わっていれば、「行動する保守」即ち桜井誠氏が目立てば目立つほど


日本国及び左翼から’国賊’として潰されるのは目に見えており、何の目標も達成できない。


(もっと言えば左翼は自らに利するように戦略を練ってくるだろう)


 


「行動する保守」及び、その支持者に言いたい。


日本国の平和を乱す’国賊’が、君らの目指した姿なのかね?


目的を今一度明確に定め、それをどう実現するのかの戦略を練り直す必要がある。


君たちの理想的な社会ではなく、日本民族の安寧を第一に考えるべきだ。


日本民族の安寧を願うことが本来「保守思想」の根幹である。


他民族への怒りなんていうものが、「保守思想」の根幹ではない。


いつまでも怒りのみで動けば、まともな思考などできず、そのため良い運動など展開できず


素晴らしき社会など永遠に実現できないのである。


 


Special Thanks


反桜井保守連合幹部構成員 反桜井諸民族派連合 横拳さん


Twitterアカウント@newdandyyokoken


NO15.「アベンジャーズ」という造語に抱く嫌悪感の正体~反知性への扉~ [政治]

NO15.「アベンジャーズ」という造語に抱く嫌悪感の正体~反知性への扉~


本記事をお読みになれば、桜井誠氏は


自らが批判する者たちと全く同じ扇動手法を使用しだした事が明らかになるであろう。


具体的に言うと、桜井誠氏は「限られた語彙による思考力の限定」を支持者に働きかけている。


最早、彼らは(彼らが掲げていたはずの)愛国とは、いや、政治団体からすらも、大きくかけ離れた存在へと成り果てている。



2017年に入り桜井誠氏が多用しだした語句がある。


「アベンジャーズ」という語句だ。


(その他、ゴキブリ、ポコペン等の日本第一党’宗教’用語がある。)


また、このような語句を使用しだした桜井誠氏を見捨てた右派が続出している。


同じ立場で運動していた同志と言ってもいい人すら強烈な違和感を覚え、見捨てるという判断に至った・・・’この強烈な嫌悪感は何か’に迫っていきたい。



ところで左翼は


「戦争法案」「アベ政治」「ANTI-FA」というような標語やシュプレヒコールを掲げる。


義務教育を終えた人であれば例え偏差値28であっても


・安保法案は戦争法案でないこと


・安倍総理は決してファシストではない(第一インターナショナルからの歴史を詳細に知らなくとも)こと、ましてや独裁者でない


ことなど本来は容易に理解できるはずである。


言うまでもなく、仮に安倍総理が独裁者且つファシストであれば、安倍総理批判者は、のうのうと表社会で生きて行くことはできない。



しかしながら、(扇動者以外の)彼らは本気で


安保法案は戦争法案だと思い込んでいるし


安倍総理はファシスト且つ独裁者と思い込んでいる。



なぜ、このように思い込んでしまうのか。


その答えは、リーダーへの批判は許されない閉鎖された空間で、リーダーが限られた語彙で構成された標語(その最たるものは語句、熟語)を作り、それを構成員に唱えさせているためだ。


構成員は、その閉鎖された空間でリーダーへの批判は許されない環境にあるので、(よほど明確な自我がある者でなければ)自由な思考はできず、誘導のかかった思考になりやすく(裏を返せば思考誘導を受けているといえる)なる。


また、限られた語彙(その最たるものは語句、熟語)により「思考力の限定」までされるのである。


言い換えれば、「心」が自由な思考ができなくなるように束縛されているのである。



ここに「身体」の束縛が加わるとどうなるのだろう。


「心身」の束縛による思考そのものの変質・・・正確に言えば人格の変質を働きかける手法


(収容所に拘束されていた「愛国者から熱烈な共産主義者へと変貌した」引き揚げ日本兵が受けたものと同じ)、それを人類は「洗脳」(brainwashing)と名付けた。



ただ、ネット左翼の場合は受けているものが思考誘導であり洗脳ではないので、このようなネット左翼も閉鎖空間から外に飛び出しさえすれば、僅かな期間で思考の誘導は解けるものだと私は仮説を立てる。


(このような心理学分野の先行研究は見当たらなかったので、断言はできず仮説に過ぎないが、洗脳ほど影響力がないことは想像し難い事ではない。)



さて


題名にもなっている「アベンジャーズ」(日本第一党用語でいうところの安倍信者を指す言葉)に注目しよう。


過去に私は以下の記事(当ブログNO1.の記事)において


http://neo-hegelianism.blog.so-net.ne.jp/2017-04-01


人並みの日本語読解力さえあれば


桜井誠氏の日韓合意に関する現行政権(安倍政権)批判はおかしいと気づける事を示したし



また、以下の記事(当ブログNO5.の記事)では


http://neo-hegelianism.blog.so-net.ne.jp/2017-04-06


中学社会科程度の金融知識さえあれば、桜井誠氏の現行政権(安倍政権)批判は


おかしい事に気づける事も示した。



桜井誠氏の支持者のネット右翼は、全員偏差値28未満で日本人として必要最低限な読解力も、中学社会科程度の金融の知識もないのだろうか?


そんな訳がない。


批判が許されない閉鎖された空間で「アベンジャーズ」という快楽を満たせる魔法の言葉をリーダーから賜り、思考の限定を受け、まともな判断ができなくなっているのである。



また桜井誠氏の支持者KAIさんが仰るには、桜井誠氏は「馬鹿ほど難しい言葉を使いたがる」と述べ、限られた語句での思考を推奨しているようなのである。


IMG_0020.JPG



桜井誠氏の安倍政権批判は全くおかしいものだし、不思議な題目で社会の実像ではない事を語り支持者の心の安永をもたらす様は、政治というより宗教と呼ぶほかなくなる。


しかも、誰かを救う宗教ではなく、支持者を反知性に誘う宗教だ。


このような邪教が日本に蔓延るとどうなるのだろうか・・・


経済から金融から外交から全てが崩壊することは、上記の2つのリンク先のとおりである。また聖典に使われている宗教用語は「アベンジャーズ」の他に「ポコペン」「ゴキブリ」など多岐にわたり、この程度では済まないだろう。


恐ろしい事に国を滅ぼす反知性主義ポピュリズムの扉は、目の前にあるのである。



私は保守派として、日本国を守るため、既に見過ごせないレベルに至った桜井誠氏を強く批判する。


NO14.『祝』日本第一党公認候補予定者を斬新に紹介 [息抜き]

NO14.『祝』日本第一党公認候補予定者を斬新に紹介


我がサイトは稀に日本第一党の応援wをします。


皆まで言わないので、画像を見てください。

特に右側の画像に注目w

Fotor_149242571107357.jpgIMG_20170417_105855.jpg 

 


NO13.そもそもなぜ、反桜井保守運動が必要なのか [政治]

NO13.そもそもなぜ、反桜井保守運動が必要なのか



https://kyoto-jinken.net/material_book/material_book-1772/


上記リンク先の通り対韓国特化特殊右翼たる


ネット右翼桜井派は日本国から’国賊’として潰されるのは既定路線だ。


ただ、彼らネット右翼桜井派は何らかの意思を隠し持った集団に悪用されかねない


戦略性のない糞みたいな運動を繰り返してきた責任は取らないだろう。

 IMG_0045.JPG

 IMG_0048.JPG

Fotor_149283985836470.jpg

 であるからして、


我々、多数派たるネット右翼反桜井派が


どのようにして桜井派団の息の根を止めていくのかを


考えないといけない局面になっている。



NO12.~重要論文~政治と思想の違い及び今世紀の課題 [政治]

NO12.~重要論文~政治と思想の違い及び今世紀の課題


本記事では反ネット右翼桜井派、反ネット左翼野間派の根拠になり得る重要論文を書こうと思い筆を進める。


また、書き進める前の段階から「思想と政治は異なるものである」という点から考察を重ねる事を決意している。



ネット右翼桜井派、ネット左翼野間派に共通して言える事は、ロクでもない思想に染まり、ロクでもない主張を繰り返し、それを政治に反映させるように動いていることにある。


運動していくうちに勢力を大きく減らしたネット右翼桜井派の残党は、日本第一党を作り、


同じく、運動していくうちに勢力を大きく減らしたネット左翼野間派の残党は、未だに民進党、共産党議員に働きかけ自分の理想の社会を実現しようとしている。



2000年代後半から現在に至る流れとよく似た事例を歴史から探そう。


感のよい人は感じ取ったであろうが、全共闘から赤軍派に至った過程とよく似ている。


(ただし、ネット右翼桜井派やネット左翼野間派には、当時の新左翼、そしてジャコバン派などのような理論武装は全く無く、反知性主義且つルサンチマンであるが。)


なぜ、同じ道を辿るのかというと、閉ざされたコミュニティの中で、他者を排斥しつつ仲間内で特異的な意見を言い合いそのため社会から孤立し、社会から孤立した集団がさらに他者を排斥しつつ特異的な意見を出す・・・このプロセスを延々と繰り返して尖端化の道を邁進したせいであろう。



このような閉ざされたコミュニティの理想が、革命なり何なりで社会に反映された時、果たしてより良い社会になるのだろうか?


国家にまで影響を与えた実例で考えると


ジャコバン派がフランス国民の幸せを実現できたのだろうか?


ポルポト派がカンボジア国民を幸せにできたのか?


ムガベがジンバブエ国民を幸せにできたのか?


この答えは敢えて言う必要もないだろう。



そう、尖端化した特異的な思想でもって民を幸せにする事は出来ないのである。


それでなくとも現在の政治とは政策論であって、思想とは相容れない存在なのである。


言い換えれば政治とは実務であり、思想とは夢想による表象に過ぎない。


思想は現実世界に即したものでなくても通用するが、政治は現実論でなければ全く通用しないのである。


blogでも、経済論、教育論を論じているが、これが政治上の思考なのである。


(もう一度断っておくが、ネット右翼桜井派、ネット左翼野間派は、当時の新左翼、ジャコバン派のような理論武装は全く無く、反知性主義且つルサンチマンなだけである。)


結論として言える事は


まともな政策論を考えれない思想家が政治を動かすとロクでもない社会にしかならないのである。




ここで終わっては味気がないので、もう一段深く考察する。


「二十五年間に希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。」


(出典: 三島由紀夫「果たし得てゐない約束――私の中の二十五年」サンケイ新聞197077日夕刊)



ただ、政策論でベターを選び続ける政治では味気ない世の中になってしまう。


よって政治と思想の融合が大切であるとも私は認識している。


安倍総理の「美しい国」というのも、政治に思想を取り入れようとしたものであるのだろう。


今世紀は三島由紀夫への返答を用意できる世紀にしていきたい。


NO11.ある閉ざされたコミュニティに対する完全決別宣言 [政治]

NO11.ある閉ざされたコミュニティに対する完全決別宣言


(説明の前に登場人物紹介・・・登場人物ABCD、その他)


ツイキャスで行った説明は下記リンクから見れます
http://twitcasting.tv/nanoha2004t2/movie/364605765


私は、ネット上のある右の三下一派とは完全に決別すると決心した。


和解もあり得ない。


なぜならば、彼らは私の為にならないどころか、社会的にも消えて無くなった方が良いくらいの愚かな三下であるからだ。

どうしたらここまで酷いレイシズム思想に精神が染まるのか理解に苦しむし、まさかここまでだとは思ってもいなかった。


こういう認識に至った、事の次第をまず概要で説明する。



私のツイキャスにおいてA


全くツイキャス上での話を無視し「韓国はゴミ国家」と書き込みをする。

Fotor_149222509304844.jpg 


これにBが「どういう事だ。説明せい。」と言った。

ここから発展したキャスでの話は、一旦置いておき全体の流れの説明をする。


以上がキャスでの出来事で、以下はTwitterのコミュニテイ(コミュニティ壱)での出来事である。


Aは当キャスの問題を


日本第一党党員であり、コミュニティ壱の管理人であるCに報告。


AC及びそのコミュニティメンバーは、"リンチ目的のキャスである"と私を断罪し、最後に


C主催のコミュニテイにおいてCが、「韓国人の知り合いがいる人とは付き合えない」と宣言。


この最中、Cのコミュニティメンバー

はっきり言うと、参加者の殆どは日本第一党の党員であるこのコミュニティ壱メンバーは、私の知り合いを北朝鮮人認定するなど理解不能な言動を繰り返していた。


その後、Twitterにて、Cは私をブロックしたという流れである。


IMG_0027.JPG


リンチ目的と言われても「韓国はゴミ国家」と、今までのキャスでの話題と全く無関係な(この時のキャスの話題はヘーゲルの弁証法から発展していた話題)書き込みをしたのはAであり、Aの発言責任はAが取るであり、反論喰らうのが嫌ならば「ネットで尖った意見を言うんじゃねー」としか言いようがない。



話は変わって、C(日本第一党系コミュニティであるコミュニティ壱の主催者)と私が共通して所属している別のコミュニティ(コミュニティ弐)での話。


Cは、コミュニティ弐の主催者Dに「体調不良でコミュニティを抜ける」等言ったと報告が来た。


そこで私は、腐れ外道で人間のクズであるレイシストのCは、どのような腐れ外道なレイシストなのか、このコミュニティ主催者Dとメンバーに、コミュニティ共有メッセージにて伝えた次第である。


どのような話になったかは敢えて書かない。


Cが支持されるか、私が支持されるか、閉ざされた日本第一党系コミュニティ(コミュニティ壱)の道理が、果たして他の場で通用するのかCはよく見とくんだな。



Cのブロックのせいで、直接言えなかったので、ここで宣言するが


「韓国人の知り合いがいる人とは付き合えないなどと言う腐れ外道レイシストとは私も付き合えない」



はっきり言っておく。


てめえらは日本のゴミだ。


尖端化した特異的な言動を繰り返すゴミは日本社会から排除しねーとダメだ。


私は、徹底的に貴様らを潰すと宣言する。



さて、キャスでの議論の話に戻る。


「韓国はゴミ国家」の証明としてAはライダイハンを出した。


ただ、これには大きな問題がある。



ゴミ国家を論争点1


ライダイハンを論争点2


とする。



ライダイハンの議論(論争点2)のまえに、まずライダイハン(論争点2)から「韓国はゴミ国家」(論争点1)という論証が出来るのか否かというのが最大の問題点であろう。


ライダイハンが居るから、韓国はゴミ国家というやり取りが通用するのは、閉ざされた世界、具体的にいうと日本第一党系コミュニティの中の話でしかない。



つまりは


ライダイハン(論争点2)からゴミ国家(論争点1)へと繋がる論理、根拠が全く不明瞭なのである。



Aがすべき論証をまとめると「ライダイハンとはどのような存在なのか、どこがどう問題なのかを論じた上(論争点2)で、ここからどうゴミ国家と言えるのか(論争点1)」を論理立てて話さないといけないのである。



くどいようだがAはライダイハンガーというのみで、まともな議論ができていない。



Aが最終的にすべき論証「韓国はゴミ国家」の話は一旦おいておく。



しばらく私のキャスで行われたライダイハンの議論つまり、論争点2の話をする。


(くどいようだが、Aの中では論争点2から論争点1が証明されるという理屈が成り立っているが、これが成立するのは閉ざされたグループの中、具体的に言えば日本第一党系コミュニティの中の話であり、第三者には全く通用しない。)



Aの議論相手であるB


演繹法による証明=史料を基に論じろと要求してきた訳だが、Aはそれに反論できていない。


史料を知らずに


史料による証明ができないのなら、帰納法により、具体的に言えば現在の観測結果から持っていくしかない。


(注意書きとして書くが、従軍慰安婦強制連行説は間違った帰納法の産物である。帰納法では往々にしてこのような不具合が起こる。人類が編み出した最高の帰納法たる統計学でも、設定した命題ミスによる間違いは起こり得る。)



ここで私の見解を述べるが、ライダイハンの場合は帰納法により、当時の韓国軍の酷さを論じると事も十分可能と認識している。


ただ、これはロジックとして可能か不可能なのかという話であって


Aの能力ではできないというのは、413日のツイキャスで明らかとなっている。



肝心要な話に戻るが、いくら演繹法でライダイハンを論じても(恐らく帰納法で論じたとしても)


命題として出された「韓国はゴミ国家」の論証は難しい。


このような論理性皆無くんの味方をしなければならないって


どんな罰ゲームなんだwwwww


勘弁しろwwwwwwwwww


だから、桜井誠のゴミ理論を見破れないのですよ(苦笑)


ゴミクズレイシストどもwwwwwww



もっと本質的な話に戻るが、「自分の発言の責任は自分が取れ」wwwwwwwwwww




論理的に考えれない奴は


全くの賛同者以外と鉢あった場合は、「調子こいてすみませんでした」


と言うしかない。



まあ、同程度の論理性しかない


しばき隊の残党との殴り合いであれば


できるかもしれないが。



尖端化しないためにも、


思想的に反対陣営にある人


全く思想と関係ない人


と話をするというのも、論を出し合いやり合うのも(在特会とK3会談はこの性質を持つだろう)大切だろう。


内グループの特異的な理論は他者には通用しない。




それをやっているのが私のツイキャスである。


ネット右翼桜井派だろうと


ネット右翼反桜井派だろうと


しばき隊だろうと


日本共産党員だろうと


新左翼だろうと


歓迎するしコラボ申請が来るなら上げる。


そのかわり、上がったら最後、言い分が生半可ならAのように潰れるだけだ。

 

いろいろ論じたが、結論として、彼らに限らず、私は韓国に対する恨みのみで動く先尖化した対韓国特化特殊右翼(対韓特右)を完全に見捨てることを宣言する。


ブログ更新について

週末または週明けくらいに更新する予定です

NO10.反知性主義に陥っている尖端化ネット右翼桜井派の問題点〜反知性主義批判〜 [政治]

IMG_0020.JPG

 

Fotor_14918546389819.jpg

 

本日は画像のやり取りの話。 

 果たして桜井まことちゃんが

本当に「馬鹿ほど難しい言葉を使いたがる」と言っていたのか

検証しようとググっていたらこのまとめが出てきた。


http://ryusoku.com/archives/3782457.html


››5より


専門の話に首を突っ込んでいて用語が分からないとかマジでキチガ



まさしくこの通りである。

ヘゲモニー、セクト程度の基礎用語も自分の中に落とし込めていない(何故その場面でその用語が使用されているのかを理解できていない時点では、用語の意義を理解していない、即ち用語を理解していない)者が

政治を、とくに反左翼を語るのはギャグでしかない。

 

しかも、このような用語は、公安警察も使うものであり、反左翼を掲げる彼らが、用語を自らに落とし込めていないのは理解に苦しむ。


漫才をしているだけであれば、害はないが


ただ無知なだけでなく反知性主義を掲げて

 

万歳をしているので、いよいよもって害がある。


政治的に息の根を止めてやらない方がかわいそうだという境地にまで至った。

 
FB_IMG_1491854752496.jpg 
 
 一応、セクト、ヘゲモニーが何故使用されるのかを論じよう。
だいたいセクトというのはセクト主義にある団体であり

セクト主義にある団体は特に

セクショナリズムに陥っている点がしばしば指摘されている。

セクトにはこういうニュアンスが含まれているために、党派ではなくセクトという用語が選ばれているのである。



そして、ヘゲモニーには

(主に政治運動についての)主導権という意味合いがある。

 

ただ、なんとなしに横文字が使われているわけではない。

 

日本において政治における話で党派、主導権争いではなく

セクト、ヘゲモニーと使用されているのには、このような意味があるのである。


「馬鹿ほど難しい用語を使う」のではなく、「語彙力のないバカが、なぜ、敢えてその用語を使われているのかを把握できていない」だけでしかない。

 

(このような馬鹿は、織物のように緻密に編み込まれている芸術作品ともいうべき、そして日本一美しい文章を書かれていた三島由紀夫先生の文学作品を「馬鹿ほど難しい用語を使う」と馬鹿にするのだろうか。恐らく、国士としても有名な三島由紀夫先生を知らぬので「馬鹿ほど難しい用語を使う」 とほざけるのだろう。もし、仮に本当にこれが桜井誠氏の発言であれば、せと弘幸先生は桜井誠氏と縁を切った方がいいだろう。)

 

 こんな低次の事を論じなければならぬ反知性主義者がゴロゴロ出てくる日本第一党界隈の知能レベルを疑わざるをえない。


一言で済む話においてまで、下らない疑問が湧き起こる者に

長期にわたり色々論じても

意味が通じる事などかなわず、相手をすることそのものが無限地獄に等しい。


私はサンプルを集めるために相手をしたのだが、皆様はSNSなどでこのようなネット右翼にからまれた場合は、即、目につかないようにすることをお勧めします。


さらに問題なのは彼らには向上心がなく、反知性主義を掲げて反知性である事を誇りにすらしており、お互いに傷の舐めあいをしている点だ。

 


このため、馬鹿ほど難しい言葉を使いたがるという反知性が罷り通るのである。


また世に存在する学問も政治も国家体制も、言い換えればおおよそ人類の社会に存在するものは、言語化し概念を定め、さらに言語によって考える事により、より高次な概念のものへと発展し、そしてその結果、人類の社会が発展していったのであり(そのため歴史を下るごとに生まれた、複雑な概念を表す言葉は難解になり、また人類は概念上の事柄すら言語で思考できるようになったのだが)、複雑な思考を放棄し、自堕落で簡略的な思考のみを繰り返す反知性主義が蔓延れば、社会を発展させる事など出来なくなるのである。

そのため反知性主義ルサンチマンは全くの救いようがなく、人類の発展を削ぐ悪しき主義であると言えるだろう。


日本国の為にもこのような右翼、左翼には

 

日本から早々に退場していただく必要がある。

 

前の10件 | -
-|2017年04月 |2017年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。