So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NO17.震撼、桜井誠氏管理口座から不正出金問題が発覚 [政治]

NO17.震撼、桜井誠氏管理口座から不正出金問題が発覚


添付画像の(注1)(注2)を参照されたい


IMG_0091.JPGIMG_0092.JPGIMG_0093.JPG


 


(注1)下記使途不明金を穴埋めするために執行役で補填しました。


(注2)前の口座より1128日にゆうちょ銀行の取扱店番号00369から121600円が、128日に同じくゆうちょ銀行の取扱店番号01164から16000円が不正に引き出されておりました。計137600円が使途不明金になっております。


以前使っていた在特会の口座は前会長が管理しておりました。現執行役体制におきまして皆様からいただきました寄付金をこのような形で不正に流出させてしまうことになったのは、我々執行部の責任であります。ここに深くお詫び申し上げますとともに、二度とこのような不祥事が起こらぬよう、気をつけてまいります。


 


そう、桜井誠氏が管理していた


在特会の口座から137600円という多額の金銭が出金され


使途不明金が生まれた事が判明したのである。


 


本騒動の問題点は下記の2点であろう。


①<桜井誠氏管理口座からの引き出しによる使途不明金発生したこと>


そして何より


②<何故、在特会から脱退したはずの桜井誠氏に在特会口座管理権が残っていたのか>(注2及び下記のスクショ内容=菊地氏からお聞きした内容から、こう解釈するのが妥当なので、今後の補足発表を待たれたい)


である。


IMG_0104.JPGFotor_149321231050993.jpg


 


 


この桜井誠氏が管理していた口座から不正出金があり使途不明金が発生した問題は、在特会の、そして日本第一党の今後の存続問題に発展する可能性だけではなく、桜井誠氏の政治生命にも発展する可能性がある。


新体制在特会となり、いきなり桜井誠氏が管理していた口座からの不正出金による途不明金発覚したのであり「桜井誠氏が会長をやっていた時はどうなんだ?」という疑念が生まれるからだ


 


このような使途不明金発生問題が起こると、


例えば、過去にあった裁判対策費としての多額の支援金


(1000万円を超える大口支援もあるとの事)がどのように扱われたのか


という疑念まで生まれるのが人の世の常である。


今回の使途不明金の使途のみならず、潔白証明のため在特会は


公認会計士等の外部機関に調査を依頼し、調査結果如何により


場合により警察にも頼った方がいいのではなかろうか?


こう認識される方は多いだろう。


 


多額の金銭での使途不明金問題は、かなりまずい事態だ。


株式会社等であれば徹底的に使途不明金の調査が入り、結果逮捕者が出てもおかしくない。


 


政治は信用が大切であり、お金は最も信用問題に関わるものなので、二度とこのような不祥事を越さないようにするため


そして今後の在特会、日本第一党の政治生命のため、ちゃんとした外部機関に調査を依頼し、また事実関係を全て公開し解決した方がいいというのは言うまでもないだろう。


事実、下記添付写真のように支持が失われ始めている。


IMG_0101.JPG


また、下記添付写真のように支持者に対して、


全く説明責任を果たさないなど以ての外であろう。


IMG_0102.JPG


そして、もし仮にも今回の不正出金問題の最中、携わっている者に悪事があったとしたのなら、その者は罪を償うべきである。


 さらに言うならば不正出金をいい加減に片付ける者達が、いくら他者の行っている不正に対しての追及を声高に叫んでも、日本国民から全く信頼されないであろう。


 Special Thanks 


反桜井保守連合幹部構成員


反桜井諸民族派連合 横拳さん


Twitterアカウント@newdandyyokoken


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

あーあーどうせまた

民進党の工作員の仕業で
はめられたんちゃうん?
by あーあーどうせまた (2017-05-02 22:55) 

反桜井保守連合

民進党に注目されるなんて凄いですね
by 反桜井保守連合 (2017-05-02 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。